AGAで薄毛になる場合のパターン


AGAの特徴の一つに、その脱毛の進行パターンがあります。

額の生え際から後退していくタイプ(M型ハゲ)というタイプです。

頭頂部から薄くなるタイプ(O型ハゲ)というタイプです。

そしてこれらの混合タイプ(生え際と頭頂部ともに薄くなるタイプ)です。

AGAには、主に上記のような脱毛の進行パターンがあります。


最近の育毛業界ではCMの影響もあり、AGA「男性型脱毛症」の話題で

待ちきりですが、育毛の成功を握るカギは何と言っても生活習慣の

改善です。


抜け毛の多い方、薄毛の方は最低限「睡眠と食事」には

注意して下さい。


夜は遅くとも12時には就寝するようにして下さい。

健康な髪の毛が育つ時間帯はPM10時〜AM2時です。



育毛に成功したいのであれば、この時間帯には就寝して

いることが大切です。


食事は出来るだけ、インスタント食品や揚げ物、肉類を控える

ようにすることも大切です。
 

トップページへもどる

AGAは放置しておくと進行します!


AGA「男性型脱毛症」の人は全国で約1,260万人います。

そのうち気にかけている人は約800万人といわれています。

更にその内、何らかの育毛ケアを行ったことのある人は
650万人といわれています。

AGA「男性型脱毛症」は進行性です。

何もせずに放置しておくと徐々に薄くなっていきます。


AGA「男性型脱毛症」は早めの処置と正しい育毛・発毛の知識が
なにより大切です。
 

トップページへもどる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。