AGAを自分で発見するには


AGA「男性型脱毛症」の脱毛患部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が
かなり高い濃度にみうけられ、これがヘアサイクルの休止期を長くして
成長期を短くする原因物質と考えられています。


ヘアサイクルの乱れを正常に保つことは育毛の基本です。


ヘアサイクルが乱れて成長期が短くなることにより、

髪の毛が長太く強く成長する前に抜けてしまいます。



十分に髪の毛が育たないで脱毛する。


そして細く短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つ
ようになります。


しかしAGA「男性型脱毛症」では普通は薄毛になっていても、
うぶ毛は残っていますので、手鏡などで自分で脱毛部をチェック
してみるのも良い方法です。


そして、毛包が存在している限りは髪の毛は再生する可能性があります。


決して諦めてはいけません。
 

トップページへもどる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。