男性型脱毛症の治療薬・・・


AGA男性型脱毛症AGAの治療用医薬品として
認可れている対処法には下記のものがあります。


飲む発毛剤プロペシア(フィナステリド)」

■つける発毛剤「ミノキシジル塩化カルプロニウム


AGA男性型脱毛症AGAエージーエー)は
進行性ですので、何もせずにほうっておくと
髪の毛は徐々に薄くなっていきます。


この薄毛なっていくのをふせぐのも、AGA治療の重要な
役目の一つです。


プロペシアは抜け毛の原因「5-αリダクターゼ」を
制御しますが、服用には医師の診断と処方箋を要します。


下記サプリDはプロペシア同様、抜け毛の原因
5-αリダクターゼ」を制御する頭髪専門治療院の
臨床医学から開発された優れものです。


抜け毛でお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか。


臨床医学から誕生した飲むヘアケアサプリメント!
 

トップページへもどる

プロペシア(フィナステリド錠)とは


育毛・発毛業界に昨今新風を巻き起こした

プロペシア(フィナステリド)についてお書きします。 


■フィナステリドの作用機序

飲む発毛剤「プロペシア」の成分である「フィナステリド」は、
本来は良性前立腺肥大の治療および緩和に使用されている薬で、
米国メルク社から「プロスカー」という商標名で発売されていました。


その後の研究で1997年12月22日、経口フィナステリド 1 mg
(製品名プロペシア)が、男性型脱毛症の治療として
米国食品医薬局(FDA)に認可されると、世界50ヶ国以上で
売られています。


男性ホルモンの1種であるテストステロンが、5αリダクターゼという
変換酵素の働きで、ヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに
変換され、このホルモン(DHT)が脱毛を引き起こすということが
最近の研究から分っています。


※これが壮年性(男性型)脱毛症の原因であると言われています。


フィナステリド(製品名プロペシア)は、5αリダクターゼの働きを
抑制することにより脱毛を防ぎ、発毛を促進する経口発毛剤です。


※ただし。プロペシア(フィナステリド)の使用には、現在医師の
診断と処方が必要です。

 

トップページへもどる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。