前髪の薄毛対策


耳の上や首の上の髪の毛は残っているのに、前髪や頭頂部は
どんどん薄毛が進行していきます。


この理由は、頭皮の硬さとDHTです。


耳の上や後頭部(首の上)の頭皮をさわってみて下さい。


とても柔らかいですね。


この状態だと頭皮の血流もよく、毛根に栄養がおくられて
健康な髪の毛が育ちます。


では何故、前頭部や頭頂部の頭皮はカチカチに張ってくるのか・・・


すべての方ではありませんが、男性は40歳くらいまで頭蓋骨が少しずつ
大きく成長しているのです。

しかし、頭皮は20歳くらいで成長が止まります。


当然の結果として、頭皮は頭蓋骨によって引っ張られてカチカチに
なってきます。

この状態では、頭皮の血流は最悪になり抜け毛が増え続け
新しい髪は育ちません。

改善するには、まず一にも二にも頭皮のマッサージです。


中には頭皮のマッサージを否定する方もいますが、信じてはいけません。

正しい頭皮のマッサージは育毛を成功させる上で必須です。

当サイトで正しい育毛マッサージ方法を書いていますので、参考にして下さい。
     ↓
育毛マッサージ

そして、過去の記事に何度か書いていることですが、前髪、頭頂部には
ジヒドロテストステロン(DHT)という通常の男性ホルモンの5倍の強さで、
発毛を阻害するやっかいものがいます。

頭部に多く存在する5αリダクターゼという還元酵素が、毛母細胞の中で
ジヒドロテストステロン(DHT)に換わってしまうのです。

ですので、5αリダクターゼがDHTに変換されないように、抑制してあげなくては
髪の毛を作るなとDHTが指令を出し続けてしまいます。

これを予防するとしてファイブ・アルファー・アールが
注目されています。



 

トップページへもどる

育毛に効果がある首の運動


育毛には首の運動が効果的です。

首の血行が悪くなると、頭皮や毛母細胞のすみずみにまで、
血液が行き渡らなくなってしまい異常脱毛がおこり薄毛になります。


首から上の血行を良くする、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)を動かす
顔の体操(エクササイズ)をご紹介します。


といってもどこででも出来るかんたんな体操ですので、
無理なく続けられると思います。


1、首を右側に限界までに回し、そのままの状態を約7秒維持します。
2、次は左側に限界まで回し、そのままの状態を約7秒維持します。
3、最後にまた約7秒かけて、正面にゆっくり戻します。

※左右、3回〜5回ずつ行います。
※首を傾けず、まっすぐな状態で行ってください。


簡単なエクササイズですので、仕事の合間やテレビを見ながらでも
できます。


この胸鎖乳突筋を動かすエクササイズで、首から上の血行を良くして
育毛効果を高めることが出来ます。

育毛効果だけではなく、首のシワの解消や肩こり予防にも効果があります。


もうひとつ、首の血行を良くするために、
枕の高さにも注意して下さい。


高すぎる枕は首から上に血液が行きにくく、血行を悪くして薄毛を進行
させる恐れがあるとともに、二重あごの原因になります。


高い枕を使っている方は、低めの枕に変えましょう。


頭皮が脂症でベタベタしている方は、脂性肌用のシャンプー
使用することも忘れないで下さい。


スキンタイプで選べるシャンプー『スカルプD』

 

トップページへもどる

抜け毛予防と水


増えてきた抜け毛を予防する為に、
良質の水をたくさん飲むことはとても有効です。


人間の体は体重の60〜70%が水分で出来ています。



良質な水をたっぷり飲む習慣をつけることは、抜け毛予防にも
健康維持にもとても大切です。

※良質な水とは、ミネラルを多く含んだ水のことです。

最近は楽天などで信頼できる水を、簡単に購入出来る
時代なので重たい思いをせずにすみますね。


美容と健康の水ヴァルナパイウォーター(1.5l×6本)


飲んだ水は細胞の中に出入りして、血液になったり、いろいろな
働きをしながら約40分で身体を一回りします。


良質な水ほど細胞の働きはスムーズに行われます。


赤ちゃんが急に大きくなるのは質の良い水をたくさん蓄えられるからで、
年をとると細胞内の水が減少します。


赤ちゃんとお年寄りの肌を比べると水分量の違いは一目瞭然ですね。


髪の毛も我々の身体の一部です。


細胞に良質の水を蓄えて抜け毛を防ぐよう、髪の毛のために
良質な水を少し多めに飲む習慣をつけましょう!


出来れば一日1.5リットルは飲みたいところです。

飲み方の一番の理想は朝、昼、晩の食事の30分前に
500mlの水をゆっくりと飲む方法が一番お勧めです。


美容と健康の水ヴァルナパイウォーター(1.5l×6本)
 

トップページへもどる

有酸素運動で育毛


有酸素運動とはウォーキング、ジョギング、水泳のように持続的に
続ける運動の事です。

これらの有酸素運動を週に3回以上30分以上
することにより、身体だけではなく育毛にも効果的なのです。



週に3回25〜30分の有酸素運動は、育毛だけでなく最近話題の
メタボリックシンドロームにも大変効果的です。



今回具体的な有酸素運動による育毛効果を説明していきます。


■有酸素運動による具体的な育毛効果

@発汗によってDHT(活性型男性ホルモン)を排出する効果。

DHT(活性型男性ホルモン)は薄毛の最大の原因と言われていますが、
そのDHTを身体の外に排出するには、週に3回以上運動による発汗が
効果的です。


そして、発汗によってストレス等で過剰に高まった血中のDHT
排出することが出来、育毛効果を期待できる。


それでも薄毛体質の方は、DHT(活性型男性ホルモン)が過剰ですので、
身体の中でもDHTを抑制する必要があります。

日本初!飲むヘアケア




A精神的ストレスの置き換え作用
現代社会では、日々仕事や人間関係で極度のストレス状態に
さらされる機会は多が多くあります。

私達の身体はストレスを受けると血流が滞ります。


血流が滞ると、今度は血流活性作用があり、恐ろしいことに
薄毛の最大の原因である DHTを大量に分泌し始めるのです。


このような理由からストレスを受けると、抜け毛が増えると
いわれているのです。
(女性が社会で活躍する時代に並行するように、女性にも男性型脱毛症が
起こる現象がおきています。)


このDHTを高める原因となる精神的ストレスは、有酸素運動を
する事によって適度な肉体的ストレスに置き換わります


有酸素運動による適度な肉体的ストレスは、少し休息をとれば
回復します。


結果として、精神的ストレスも肉体的ストレスと共に
解消するという相乗効果があるのです。



●お手軽に出来る有酸素運動

踏み台昇降運動

20〜25cm位の台を上ったり、降りたりする単純運動です。

単純運動ですが、あなどってはいけません。


20分も続けていると、かなりの発汗があります。

心拍数も適度に上がり、ウォーキングに近い、理想的な有酸素運動が
出来ます。


もちろんウォーキングを30分すればよいのですが、いったん家に
帰ってからまた外に出るのは面倒臭いものです。


そんな時、踏み台昇降運動がお勧めです。

ホームセンターで適当な台を買ってきて、家に置いておくと便利です。
 

トップページへもどる

発毛を邪魔する有害物質


私達人間は毎日の暮らしの中で、知らず知らず有害物質を
体内にため込んでいます。


髪の毛は一定周期によって抜け落ちることにより、
たまった有害物質を対外に排出する重要な役目があります。



ですので薄毛をあきらめて放置せず、このサイトに
書いてある育毛法で積極的に育毛を成功させましょう。


健康オタクと自他共に認めている、水道橋博士が本気で
育毛に取り組んだのは、見栄えだけでなくこのような
背景もあってのことでしょう!


あなたはまだ間違った育毛法を実践し続けますか?




タバコは「育毛成功を阻害する」、「抜け毛が進行する」と
いわれていますが、科学的にははっきりとは解明されていないようです。



ですが、私は20年以上育毛発毛を研究してきた経験から

「本気で育毛成功させたいのならタバコはやめましょう!」

と断言します。


タバコを吸うと抜け毛が増えるとは直接的には思いませんが、
育毛を阻害をさせ発毛の邪魔になる事は間違いありません。



喫煙をすると血管が収縮し血液の流れが悪くなります。

当然、血液で運ばれてくる発毛に必要な栄養素も
毛根に届きにくくなります。


そして、それ以上に「喫煙によるビタミンCの破壊」が
薄毛の方には最も怖いことなのです。


タバコを吸うと、腸壁からのビタミンC吸収率が低下するうえに
体内でのビタミンCの代謝が早まります。


ビタミンCは抗酸化作用を持ち、活性酸素の除去、抗ストレス、免疫機能の
増加作用等さまざまな働きをします。


そのビタミンCが喫煙によってどんどん失われていくのです。


他の動物と異なり、人間とチンパンジーは自分の身体の
中でビタミンCを作ることができません。

口から摂取するしかないのです。

しかしいくら野菜や果物を食べても、食後の一服で
かなりのビタミンCは破壊されてしまいます。


大きなストレスを抱えてまで禁煙するのは逆効果ですが、
育毛成功を望むなら、出来るだけ禁煙して下さい。


もしどうしてもタバコがやめられないのであれば非喫煙者よりも
ビタミンCを多く取ることを心がけましょう。


栄養はバランスが大切ですので、育毛に必要な
育毛専用サプリメントも効果的です。

臨床医学から誕生した飲むヘアケアサプリメント!
 

トップページへもどる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。