汗と薄毛の関係


頭皮に汗をかいてそのままにしておくと、汗の塩分により
皮脂が固まってしまい、通常のシャンプーでは取ることは
難しくなります。


皮脂が固まって頭皮につまってしまっていては、どんな育毛剤も効果は期待出来ません。


とはいえ素人がオイル系のいわゆるスキャルプクレンジングというものを、使用するはさけたほうがよいでしょう。


オイルを使用すると逆に皮脂が多く(皮脂過多)分泌されるように
なってしまいます。


頭皮につまった皮脂は抜け毛、薄毛のおおきな原因ですので、正しくケアしなくてはなりません。


当サイトでご紹介して爆発的に売れている頭皮ケア商品は
ケアナチュラルというキャップです。


入浴中に使用することにより、汗で固まった皮脂も、シャンプー後の
残留物質(すすぎ残し)も完璧に取り除く優れものです。


育毛を成功させる為にも是非一つは持っておきましょう!


ケアナチュラル!


そしてシャンプーも重要です。


薄毛の方の頭皮は、脂性肌の場合が多いですので奥様や家族の方と
同じシャンプーを使用するのは危険です。


現在販売されている市販のシャンプーは流行の関係もあり、
髪の毛をコーティングする髪の質感を高めるタイプが大半です。


このタイプのシャンプーは薄毛の方にはタブーです。


頭皮がベタツキ抜け毛も多い方は、オイリー(脂性肌)用のシャンプーを使用して下さい。

オイリー(脂性肌)用のシャンプー

 

トップページへもどる

抜け毛対策と季節の関係


夏場や残暑は1年を通して一番汗をかく季節です。

汗をかくと汗が皮脂に吸収され、汗の水分は夏場の強い日差しによって蒸発して、
汗に含まれる塩分が残ってしまいます。

これは抜け毛を増加させる原因ですので、とても危険です。


実は塩分は皮脂を固めやすい性質があります。


ですので夏場や残暑は皮脂が硬く固まりやすい季節なのです。


ケアしなかれば、薄毛の方は当然の結果として抜け毛が増加してしまいます。


また、夏場や残暑の強い紫外線によって頭皮も日焼け状態になります。


紫外線が肌に及ぼす悪影響は言うまでもありませんが、
頭皮も肌の一部ですので、紫外線によってかなり痛んでしまいます。
(現在薄毛の方は髪の毛の保護が薄い分、紫外線にモロにさらされた状態です)


このような夏場の状態を繰り返すことによって頭皮や頭髪の状態は悪化します。



毛髪は、栄養が供給されないと抜けてしまいます。


夏場の悪化した状態のまま放置すると、皮脂が固まったままになり、
少しずつ栄養が妨げられ、その後やってくる秋に栄養が供給されなくなった
毛髪から連続的に抜け始めます。


これが、秋に抜け毛が増えるする原因です。



秋になった時に抜け毛の増加になげくことにならないように、

今から充分にケアいたしましょう。


基本は、汗で固まった皮脂をきれいに落とせる専用シャンプー

頭皮用のパック です。


悲しい秋を迎えることにならないように・・

今が肝心です!


抜け毛予防は頭皮の改善から!ヘアメディカル・スカルプD



ヒアルロン酸の2倍の保水力をもった『リピジュア』で頭皮にパック!

 

トップページへもどる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。